小さな結婚式をHAPPYに演出~一生ものの記念~

準備をしよう

プロポーズを受けたら相談

カップルである2人が、プロポーズの成功によって夫婦になる約束を交わしたら、結婚式を挙げる準備をしましょう。結婚式を挙げるときには、ブライダルサロンでの相談が必要となります。
ウェディングプランナーが、夫婦になる2人の予算や希望する条件を組み込んで、いろいろな結婚式のスタイルを提案してくれるでしょう。
定期的に、ブライダルフェアというものを行なっているので、式場の演出、食事、式会場の規模などを実際に体験し、確認することが出来ます。

式場確定

式場が確定したら、細かい打ち合わせがスタートしていきます。数多くのウェディングが行われてきた式場では、プログラムの構成や使用する曲など、細かいところにまで新郎と新婦の希望通りにしようと確認を行います。
結婚式の打ち合わせでは、決める項目が膨大にあるので、ある程度のことはあらかじめ決めておくと安心です。
打ち合わせでは、経験豊富なウェディングプランナーからのアドバイスももらいながら、素敵な1日の三段を決めることが出来るでしょう。
新郎と新婦の当日は、スケジュールが埋まっているので、記念写真は前撮りで済ましているととても楽に過ごすことが出来ます。前撮りのことについても確認しておきましょう。

衣装決め

ウェディングプランナーとの打ち合わせの中には、衣装決めもあります。特に時間が掛かるのは、花嫁のドレス決めでしょう。メインとなるウェディングドレスの他に、カラードレスも何着か着用するとなると、1日で決めるのが難しい人もいます。
新郎と相談を重ねながら、特別な日の、特別な一張羅を決めましょう。

招待客決め

結婚式に招待をする参列客を決めたら、席次表を作成する必要があります。参列客からの返事が来ないと、この席次表作成に取り掛かることが出来ないので、早めの招待を心がけるといいでしょう。式場の中で、家族や友人、知人、職場の人の席の位置は決まっているので、ウェディングプランナーに尋ねましょう。